2007年04月15日

交渉人 真下正義

交渉人 真下正義 「 踊る大捜査線」のスピン・オフ作品。
ユースケ・サンタマリアが演じる、警視庁交渉課準備室の真下正義が主人公の作品です。

「踊る大捜査線」の魅力のひとつである、独特の間やスピード感などをなどを残しつつ、本家の踊る大捜査線とは違うホノボノ感が加わって魅力的な作品に仕上がっています。

真下正義はほっておけないような独特の天然ぶりを持っているけど、ひとたび、交渉に入ったらバリバリのネゴシエーターとして犯人と交渉・・・・と思いきや、作中は犯人に踊らされる場面の方が多かった。

作品中で必要以上に張り巡らされた伏線も、なんか不完全燃焼のままでおわってるので微妙。(それはそれで魅力のひとつかもしれませんが)
posted by catfood at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。