2008年01月27日

犬神家の一族

犬神家の一族横溝正史の原作を元に市川崑監督が再び映画化。石坂浩二が再び主演のようですが、『年齢を感じさせない』との評価が多かったけれども金田一耕助としては年齢が高すぎるような。

珠世役の松嶋菜々子を非常に美しく見せる演出が効果的でした。他のキャストが地味目な衣装なのに対し松嶋菜々子だけが色とりどりの着物を着ている。

葬式のシーンですら赤い着物を着ている徹底ぶりはすごい。

血の赤など、色彩は非常に綺麗(というか奇抜)に表現されている。

死体が人形っぽいのは、笑いどころとしてよいかもね。
posted by catfood at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。