2008年02月04日

フィラメント

フィラメント辻仁成が自身の小説を、監督として映画化した本作品。“切れやすい電球=フィラメント”のタイトルが付けられている。

森村泰昌 演じる女装壁のある父親。
銀粉蝶 演じる失踪中の母親。
大沢たかお 演じるキレやすい性格の息子。
井川遥 演じる心に傷をもった妹。

壊れている家族が、壊れた形でひとつになっていく様子が描かれている。

キャラクターの個性のみが強調されて、通常の感情が描写されていない感じは見ていて不愉快。

ただ、その不愉快さを楽しむための作品です。
posted by catfood at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。