2008年04月13日

ゲゲゲの鬼太郎

ゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディション同名の漫画を本木克英が映画化。


父親のせいで濡れ衣をかけられている人より、父親との約束を優先する少年や、盗まれた一族の宝を取り戻そうとしているのに、思想が危険と処分される妖怪など、非常に正義の定義があいまいで気持ちがわるい作品。

あと、鬼太郎役のウエンツ瑛士以外はキャスティングもよくコミックの雰囲気が出ていますよ。
posted by catfood at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。